森吉山の沢登りに行くとき、持っていくといいものは?~初めての森吉山後編

小さい滝の横をガイドさんと歩く様子

秋田市と森吉の位置を記した秋田県内の地図イラスト

2015年の7月、北秋田市の森吉山の桃洞の滝、男滝へ行ってきました。その記録と、体験に基づく森吉のおすすめを紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの持ち物や服装など準備しておくと良いこと

森吉ハイキングに行くときに必要なもの、持って行った方がいいもの、着ていくといいものを平凡ですがいくつか紹介します。

森の中をハイキングするだけならスニーカーでもOK!土や水で汚れるのでおしゃれスニーカーより運動系の方が良い。滑りにくい靴だとなお良し!
長靴
川の中を歩くならあった方が◎できれば膝くらいまでの長いものがあるとなお良い。背負うにしろ持つにしろ荷物になるので、軽いものを選ぶのがおすすめ。
スパイクがついた長くつはホームセンターなどで手軽に購入できる。安いのだと3000円前後。
  • 川の上の流木に腰掛け、長靴を履いた足を組んでいる様子2016年赤水に渓谷に行ったときのガイドさんの長くつ。
  • スパイクがついていて滑りにくい長くつスパイクがついていて滑りにくい。ホームセンターで安く手に入れたらしい。
★泳げるような恰好
夏はバシャバシャウォータートレッキング!ウェットスーツのスパッツ?みたいなのの上に防水短パン、マリンシューズの上に軍足、これが手軽に用意できるものでは最強そう!ブナ林ゾーンはこの上にズボンをはいて歩くと良い。このような恰好をしていく場合、帰りの着替えは必須。
替えの靴下
思ったより川が深かったり足を滑らせたりして靴の中まで濡れることもあるので替えがあると◎ずっと長靴ではないと思うので、乾いた靴に履き替えるときに助かる。
手袋
軍手でOK!転んだり手をついたりすることもあると思うのであると助かる!川で手をつくと濡れるので、濡れても大丈夫な園芸用とかの手袋がホームセンターで500円前後でも買いました。
帽子、日焼け止めグッズ
ブナ林の中は気が生い茂っているので日当たりはちらほら、渓谷歩きはけっこう日が当たる…日焼けすると痛いので山には必須!
長袖の上着
山に行くときは虫や葉っぱでかゆくなる時もあるので基本的に肌を覆うスタイルが◎休憩するときなど暑いときには脱ぎ着しやすいパーカー(特にUVカットの)があるとよし。
タオル
川歩きをする場合、水にぬれると思うのであると◎汗も手もふけるので小さいものでもどこに出かけるにもあると便利。笑
レジャーシート
ブナ林や川べりなどお気に入りの場所を見つけて川のせせらぎと鳥の声を聞いてのんびりするだけでも最高!
食べ物
途中お腹空いたら食べると体力も回復!カロリーメイトは手軽で◎ごみは必ず持ち帰れるように小さいごみ袋もあるとなお良い。※鳥獣センター付近には食べ物を売っているお店がないので、車で1時間ほど手前の四季美館向かいのサンクスで食べ物の準備を確認すると良い。
カメラ
写真だとなかなか雰囲気が伝わりにくいものだが、こんなところあったなあと思い返すのに◎川の写真が撮りたくなると思うので防水だとなお良し!笑
  • 大雨の日の道路のような川の浅い部分の水面の様子川は浅いところだと大雨の日の道路のよう。その時期の水の量にもよるが、川の中を歩くなら長くつなどの準備は必須。
  • 極浅い川に長くつで立っている様子ひざ下くらいの長くつだと、途中で浸水してしまい、諦めてざぶざぶ歩いた。替えの靴下をたくさん持って行っていてよかった!
  • 斜面になっている岩の部分、コケが生えているところもある流水やコケの有無によらず、斜面を上らなければならないので滑りにくい底の長靴を選ぶと良い。長くつにはつけにくいが、軍足は本当に滑りにくいのでマリンシューズにグンソクを履くのがおすすめ。

気を付けること、絶対に無理はしないこと!

ガイドさんがいないのであれば奥まで入っていくのは危険です。いくら天気がいいからといっても山の天気は変わりやすいとよく言いますよね。無理はせずにできれば16:00には鳥獣センターまで降りて来られるように時間配分を。鳥獣センターから桃洞・赤水分岐までは約3km1時間強、そこから桃洞の滝まで1.3kmで30分ほどが目安になるかと思います。
一緒に歩くメンバーの体調を考えて無理はしないように!小さい子供さんはもちろん、大人でも最初ははしゃいでいても帰りに疲れてゆっくり歩きすぎて陽が沈むということもあるかもしれません!山や渓谷は陽が沈むのが早いので早めに出発して早めに帰れるように日程を組んだ方がいいですね。

ガイドさんを頼んででかけよう!

桃洞の滝までは、子ども連れの家族や登山に自信のない初心者でも行けると思います。桃洞の滝の上の方やもっと奥の方に進むには初心者だけでは危険です。私はたまたま森吉に詳しい方と知り合いになれたのでガイドをお願いできました。

  • 森の中をガイドさんと一緒に歩く人の様子森吉への愛や、山の草花についてなどいろいろ話しながら歩いて楽しい!
  • ガイドさんと一緒に小さい滝の横を歩く様子沢登り、山登りが本当に初心者だったので、小さなことでもガイドさんがアドバイスをくれて助かった!

でも、誰しもガイドさんと知り合いではないですよね。『NPO森吉山ネイチャー協会』でガイドさんを頼めるようです。森吉山の詳細な案内など満載なので、サイトに一度目を通してみるといいと思います。
また、森吉山のツアーなどいろいろあるらしいのでネットや観光案内所、鳥獣センターなどで探してみるといいですね。たまに知人がツアーに参加したという話は聞きます。けっこうお得で楽しいツアーがあるようですね。森吉ではなかったと思いますが、オンシーズンではない冬は参加者が少なく、お得なツアーもあるとか!今後も何か情報があれば共有したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

森吉山、初めて桃洞の滝に行ったまとめ

  • 桃洞の滝の下の方に両手を広げて空にかざした人が映っている

森吉はとても気持ちのいいところです。普段運動をしていなくとも、ブナ林の中をゆっくりハイキングするのは難しくありません。赤水渓谷の分岐点までのんびり歩いて、川でパシャパシャ遊んで帰るだけでも最高!
それくらいならスニーカーにジャージでも大丈夫!鳥獣センターの人に出かけてきますと一言声をかけていくといいでしょう。もしトラブルで帰ってこない場合でも気がついてくれます。 鳥獣センターに行くまでけっこう時間はかかりますが、たまには早起きしてハイキングに出かけるのもいいものです。天気のいい日に森吉へ出かけてみましょう!

関連した観光情報

関連ブログ記事

Instagram@akitayori