12月初旬【冬の田沢湖温泉旅行】一足早い山の雪見風呂と清々しい冷たい空気の田沢湖

金色のたつこ像と田沢湖、奥に雪化粧されたやみゃやまが見える

田沢湖の観光のハイシーズンは夏になると思います。ボートやカヌー、キャンプなどのアウトドアを思いっきり楽しめます。冬は田沢湖に訪れる人は少ないでしょう。しかし、冬の田沢湖は夏とは違う魅力があります。今まで、私が田沢湖を訪れるのは夏や秋ばかりでしたが、以前初めて田沢湖を訪れたとき、冬の田沢湖も大好きになりました。

スポンサーリンク

冬の田沢湖の雰囲気

冬の田沢湖は、観光客が少なく、木々は枯れ、物寂しい感じです。晴れが少ない秋田ではだいたいいつもどんよりとした曇り空。しかし、空気が澄んでいてとても清々しい空気で満ちています。湖はほとんど波が立たず静かで、見渡す山々は美しく雪化粧されています。この寂しい雰囲気も冷たい空気も、引き込まれる魅力があります。 アウトドアの折りたたみイスとコーヒーポットを持って行って、その空気の中でずっと湖と雪化粧された山々を眺めていたい、そんな感じです。何か悩みがあったり気分がもやもやするとき、日常から離れ、ただ黙ってこの雰囲気に溶け込んでしまいたい、そんな感じです。

  • 田沢湖共栄パレス向かいのアヒルボート乗り場から見る冬の田沢湖。冬は水がだいぶ引いていて、桟橋より奥に水際がある様子田沢湖共栄パレス向かいのアヒルボート乗り場から見る冬の田沢湖。冬は水がだいぶ引いていて、桟橋より奥に水際がある。
  • 金色のたつこ像と田沢湖、奥の方に見える山々は雪化粧されているたつこ像の方から見た田沢湖。奥の方に見える山々は雪化粧されている。

冬の『思い出の潟分校』はとてもノスタルジー

昭和のままに残る小学校の教室の風景 田沢湖の南側、湖畔を少し離れたところに、田沢湖の観光スポットとしても知られる『思い出の潟分校』があります。田沢湖近辺はたくさんの観光名所がありますが、時間に都合がつけばぜひ見学してみてください。
「思い出の」と名前にあるだけに、木造校舎で学生の時間を過ごした人はもちろん、木造校舎を知らない人でも懐かしさや哀愁を感じると思います。特に冬は木々が枯れ、雪が積もり、さらにノスタルジックな雰囲気を楽しめます。

  • 廊下から見たガラスの窓越しの教室の様子廊下から見たガラスの窓越しの教室。
  • 学校の廊下。教室の入り口には学年の名札が見えている学校の廊下。教室の入り口には学年の名札が見える。

『思い出の潟分校』

枯れた木々に囲まれた思い出の潟分校の玄関の様子 昭和49年に廃校になった小学校分校を修復し、平成16年から『思い出の潟分校』そして一般公開された木造校舎です。中を見学する際には建物を維持するための協力金として中学生以上200円が必要です。見学だけではなく、イベント会場としても利用されています。
見学時間は9:00~16:00、火曜日定休ですが祝日の場合は翌日休みです。冬季間は不定休のようなので行く前に確認してみてください。(思い出の潟分校:0187-43-0766)

スポンサーリンク

黒森展望台で冬の田沢湖を上から一望する

展望、右奥に田沢湖と雪化粧された山々が見える 田沢湖から田沢湖湖高原、水沢温泉郷、乳頭温泉郷へ向かう道の途中に、『黒森展望台』という田沢湖を上の方から一望できるスポットがあります。田沢湖湖畔から車で15分程度の距離です。 わりと広めの駐車場の奥に東屋があり、ブナの木立の合間から田沢湖が見えます。夏は葉が茂っていて田沢湖が少し見えにくいのですが、冬は落葉しているのでばっちり見えます。東屋の少し下の方にも展望台になっているところがあるので、ぜひそちらにも下りて行ってみてください。少し低くなるので視界が変わってしまいますが、遮る木がないので見やすいです。

手前に落葉したブナの木立、奥井田沢湖と雪化粧された山々が見える 神秘的な田沢湖を湖畔から眺めるのも良いですが、上から眺めるのも感動的です。雪見風呂への途中の道なので、ぜひ立ち寄って風景を眺め、記念写真をどうぞ!看板が出ていますが、それほど大きい看板ではないので見落とさないように。実は、山の上の方から降りてくる道路からの方が遮る木がないので田沢湖がきれいに見えます。あ!田沢湖だ!と感動していると展望台を通り過ぎてしまうことがあるので気を付けてください。笑

冬の温泉は雪を眺めながら

田沢湖の上の方、田沢湖高原や水沢温泉郷、乳頭温泉郷は12月でも雪がもう積もっていると思います。なので、露天風呂がある温泉がおすすめです。窓越しでもきれいな景色は見られますが、12月はまだつもり初めできれいな雪なので直接見た方がよりきれいだと思います。冷たい空気に直接触れられるのもいいですね。
田沢湖周辺の温泉はどこもそれぞれに魅力があり、特に秘湯は情緒たっぷりで大好きなのですが、眺望を楽しみたいなら『アルパこまくさ』と『ホテルグランド天空』をおすすめします。雪化粧された山々に囲まれた田沢湖を一望できます!
どちらも『黒森展望台』よりも少し上って行った田沢湖高原温泉郷にあります。『黒森展望台』から車で5分程度です。この近辺の温泉は白く濁っている硫黄泉が多いです。このにおいがいいのですが、服ににおいがついてしまうので、においがついてもいい服を着ていくといいですね。いくつか温泉を日帰りで巡ったら帰って洗濯をしてもなかなかとれなかった記憶があります。笑

日帰り温泉の田沢湖展望露天風呂『アルパこまくさ』

わりと広めのお風呂で田沢湖が一望できます。ものすごく清々しく、気分最高です。内湯と露天風呂があり、それぞれヒバ風呂と岩風呂があります。定期的に男女入れ替えるようです。
駒ケ岳の情報・防災センターになってるので、登山者にも大人気な温泉です。ここに車を置いて山に行く人が多く、とても広い駐車場があります。駒ケ岳の自然や火山の仕組みなどの展示や、食事処(営業時間11:00~15:00)もあり、季節の山菜や地元食材を使ったそばや秋田名物稲庭うどんなどが食べられます。

きれいな施設で食事もおいしい田沢湖高原温泉郷『ホテルグランド天空』

夏のホテルグランド天空の外観 少し遠目にはなりますが、夕日や朝日に染まる田沢湖を眺めながら温泉に浸かることができます!内湯は石で、露天は木のぬくもりあふれ、景色だけではなくお風呂の雰囲気も抜群です。横になれる椅子も置いてあり、何時間でも入っていたくなります。宿泊施設ですが、10:00~16:00は大人500円で日帰り入浴もできます。
眺めがよく素晴らしいおんせんなのですが、冬季間は温泉の温度管理のため、ガラスの窓が設置されます。景色は眺められますが、積雪が多くなると窓の前も雪で覆われてしまうそうです。できれば窓が設置される前に行くことをおすすめします。経験では12月頭でぎりぎり設置前でした。気になる場合、宿に確認してから訪れましょう。
ですが、ここは温泉だけでなく、ロビーやラウンジ、食事処、全客室からも田沢湖が一望できます。ロビーやラウンジ、食事処は一面がガラス張りなので解放感があり、ロビーにあるロッキングチェアでのんびりするのも最高です。施設はきれいで、食事も季節に合わせた地元食材をふんだんに使った大満足の内容です。きりたんぽ、秋田に敷き牛のすき焼き、田沢湖産の岩魚お造り、地元産あきたこまち、稲庭うどんなどが味わえます。
秘湯は苦手だけど温泉を楽しみたいとか、ホテルでゆっくりしたいなど、特にあきた初心者の人におすすめです。ここを選べば間違いないと思います!

  • ホテルグランド天空の食事処から見える景色。ホテルグランド天空の食事処から見える景色
  • ホテルグランド天空のロビーのロッキングチェア、奥はガラス越しに田沢湖と山々が見えるホテルグランド天空のロビーのロッキングチェア、奥はガラス越しに田沢湖と山々が見える。

寒いからこそ染みる温泉

12月の田沢湖高原などの山は雪が積もっていて、空気がとても冷たく寒いです。私はこの冷たさが心地よく感じるのですが、さすがに田沢湖をずっと眺めていると体が冷えてきます。そんなときには温泉がとても気持ちいい!寒い中かけ湯をして、足先からだんだんと温泉に浸かっていき、全身を沈めた時、思わずため息といか声が漏れるほど気持ちがいいです。
まだ冬の温泉を他見したことがない人はぜひ体感してほしいと思います!秋の紅葉の時期も寒いので、紅葉を眺めながら浸かるのもまた良いものです。

温泉までの道のり

12月初旬、田沢湖スキー場手前の道、雪がうっすら積もっっているが溶けかかっている様子。 12月初旬だと、田沢湖畔や角館や平地はまだ雪は積もっていないと思います。秋田空港からでも角館駅からでも、田沢湖までは雪のない道路を運転することができるはずです。冬の運転に不安がある人には12月初旬はおすすめですよ。
12月初旬の田沢湖の様子についてはぜひこちらの記事も参考にしてください↓
【雪道運転が心配でも雪見風呂が楽しめる!12月の田沢湖周辺の雪について】https://akitayori.com/blog/senboku-tazawako-winter01/

秋田一有名な温泉で秘湯の『鶴の湯』の冬も最高!

鶴の湯の入り口、左側が一番人気で予約困難な部屋「本陣」 秋田の乳頭温泉郷の中でも、というか、秋田県の中でも、最も有名な温泉が秘湯『鶴の湯』です。日帰り入浴の時間は0:00~15:00、入浴料は600円です。夏は何度か泊まったことがありますが、冬も最高です!冬の雪景色もよくポスターになっているので見かけたことがある人もいると思います。★詳しくはまた今かきますが、乳頭温泉郷方面に行ったら是非立ち寄ってみてください。『鶴の湯』は他の乳頭温泉6湯の中でも少し奥まったところにあり、道も崖があったりすれ違い困難だったりと少し険しいですが、雰囲気を見学するだけでも一見の価値ありです!

スポンサーリンク

冬の雪国旅行が不安な人にもおすすめな12月初旬の田沢湖周辺

12月初旬の田沢湖周辺は気軽に冬を体感できると思います。平地は雪がないので移動が楽で、山は雪が積もっているのできれいな景色が見られます。まさにいいとこどり!雪国プチ体験としておすすめです。
12月初旬はまだまだこれからのという感じの雪景色ですが、2月頃の雪最盛期はよりダイナミックな光景が見られます。真冬は★雪まつりや★酒蔵開放などのイベントも盛りだくさんなので、真冬の雪国旅行もぜひチャレンジしてみてください。

関連ブログ記事

Instagram@akitayori