温泉ゆぽぽの送迎付きプラン!冬の夜道も安心して上桧木内の紙風船上げを満喫

スポンサーリンク

『温泉ゆぽぽ』の送迎付き宿泊プラン

『上桧木内の紙風船上げ』がある2月10日は、角館にから車で約10分の距離にある『温泉ゆぽぽ』で特別なプランがあります。「【東北ふゆまつり】上桧木内の紙風船上げを見に行こう!」というプランで、『上桧木内の紙風船上げ』の会場までバスで往復送迎してもらえます。もちろん送迎は無料です!2017年の時は、大きい観光バス2台で会場へ向かいました。向かう途中、バスガイドさん(ゆぽぽの人)による『上桧木内の紙風船上げ』の解説や小話があり面白かったです。上桧木内は少し標高が高いところにあるので、あの寒さや環境だからこそ紙風船が飛ぶのだとか。以前、雪が降らない暖冬の年は紙風船が上がらなくて困ったこともあったそうです。

バスの送迎時間と注意点

会場への送迎は、2018年のプラン内容を見ると『温泉ゆぽぽ』発16:30、会場発20:30でした。この時間であれば、行きは一斉打ち上げにぎりぎり間に合いそうです。ちなみに、2017年にこのプランで行ったときは、出発が17:00でした。一斉打ち上げが始まっているときに会場近くを走っていて、窓から夜空に打ちあがっていく紙風船が見たのを覚えています。一斉打ち上げは見ごたえがあると思うので、間に合うと良いですね。
帰りは最終打ち上げ時間頃にバスが出発なので、最後までは見ることができないと思います。なぜ最後まで見ないかというと、帰りの混雑を少しでも避けるためですが、同じように考える人も多いのでやはり少しは渋滞にあうようです。2017年は『温泉ゆぽぽ』に帰り着くまで1時間かそれ以上かかったかもしれません。帰りの車内は静かで、けっこう寝ている人が多いようでした。やはり寒い中長い時間外にいると体力を奪われ、帰るころにはすっかり疲れて眠くなって今います。

スポンサーリンク

夕飯について

私は一泊朝食付きプランで宿泊したため、夕飯は会場の出店で気ままにで食べました。ご当地グルメがたくさんあるので選ぶ楽しみもあります。『温泉ゆぽぽ』に帰りついてからは、まず温泉に入り、『温泉ゆぽぽ』併設の『お食事処ばっきゃ』で軽く飲みました。『お食事処ばっきゃ』の営業時間は通常11:00~22:00ですが、この日は23:00(ラストオーダー22:30)までになるため、会場で食べ足りなくとも帰ってからでも食事ができます。
夕食付プランの場合、帰ってから夕食を食べられます。帰り着く時間は21:30を予定していますが、状況によっては少し遅くなるようです。

『温泉ゆぽぽ』を予約するときの注意点

私は12月中旬頃にじゃらんから予約をしました。ちょうどよい位置にあるお手頃な温泉宿ということで『上桧木内の紙風船上げ』当日は早めに部屋が埋まると思います。当日は満室だったのではないでしょうか。帰ってからのお風呂はシャワーに並ぶほど人がいました。送迎を付けずに自家用車や電車を利用していく人もいて、特に送迎付きは人気プランなのでぜひ早めに予約をしましょう!プラン名や内容は変わる可能性があるので、毎年じゃらんや公式サイトなどでチェックしてみてくださいね。

『温泉ゆぽぽ』について

『温泉ゆぽぽ』は、秋田が誇る劇団『わらび座』がある『あきた芸術村』の温泉宿泊施設です。1泊1部屋2名素泊まりで5,300円~、2食付き10,000円前後と、気軽に利用できます。『上桧木内の紙風船上げ』のプラン以外にも、角館の桜を見るプランや、観劇チケットがついたプランなどもあります。
露天風呂はありませんが、広々としたヒノキの浴槽に漬かり庭の四季を感じることができます。日帰り入浴もできるので『お食事処ばっきゃ』と合わせてゆっくりするのも良いですね。

  • 『温泉ゆぽぽ』の本館入り口『温泉ゆぽぽ』の本館入り口。
  • 『温泉ゆぽぽ』の清潔感ある和室『温泉ゆぽぽ』の清潔感ある和室。

『お食事処ばっきゃ』

『お食事処ばっきゃ』は『温泉ゆぽぽ』の温泉館の方にある食事処です。木のぬくもりあふれる広い空間で、秋田の郷土料理や同じ芸術村内の田沢湖ビールなどが味わえます。ビール好きな人には田沢湖ビールは1時間飲み放題1,296円がお得です。もちろん秋田の地酒もあります。おつまみになる一品メニューや、山の芋鍋やきりたんぽ鍋、稲庭うどん、御狩場焼き、横手焼きそば、神大カレーなどのご当地グルメも多いです。

  • 木のぬくもりあふれる落ち着いた店内、テーブルには田沢湖ビールが入った大きいジョッキがおいてある。木のぬくもりあふれる落ち着いた店内。田沢湖ビールを飲むことができる。ジョッキが大きい!
  • 佐竹北家伝承のメニュー「あべどりの御狩場焼丼、小鉢、お新香、味噌汁佐竹北家伝承のメニュー「あべどりの御狩場焼丼(小鉢・お新香・味噌汁付)」1,296円(税込)。

『温泉ゆぽぽ』のおいしい朝ご飯

朝食バイキングの一例私は朝食付きのプランで宿泊したので、朝風呂に漬かった後、本館の朝食会場で朝ご飯食べました。朝食はバイキングで、好きなものを食べられます。写真は私のその時の好みでとったものなので結構あっさりしていますが、他にもいろいろありました。
『温泉ゆぽぽ』はこの朝食バイキングが自慢で、秋田名物の稲庭うどん、季節の山菜、地元食材の惣菜が豊富です。特に、地元でとれる炊き立てのあきたこまちのご飯がおいしいよ。そして、温かいご飯には、比内地鶏の生卵で卵かけごはんも最高です!濃厚な旨味の比内地鶏の卵と、角館の老舗『安藤醸造』の醤油を少したらします。ごはんによく合うがっこ(漬物)も豊富できざみがっこなどは卵かけごはんにもよく合います。味噌汁は、具と汁が別になっているので、好きなものを好きな量だけ入れられるのもうれしいですね。具が煮詰まっていないし、ネギがシャキッと食べられるのがいいですね。洋食メニューやパンもあるので、ごはんの後はパンも食べました。笑

スポンサーリンク

送迎はとても助かるので選択肢の一つに

自家用車で行くメリットは、風船を上げる前から最後まで紙風船上げを楽しむことができるところです。送迎付きプランは、自由に行動はできませんが、本当に助かるサービスです。もし、運転に不安があるようなら『温泉ゆぽぽ』の送迎付きプランはおすすめです。早めにプランを予約して、気楽に『上桧木内の紙風船上げ』に出かけましょう!
上桧木内の会場での様子はこちらの記事(温泉ゆぽぽの送迎付きプラン!冬の夜道も安心して上桧木内の紙風船上げを満喫)をどうぞ。

関連ブログ記事

Instagram@akitayori