『美郷町ラベンダー園』のラベンダーまつりへ!園内の様子や開催日程、内容など

美郷町ラベンダーまつり

美郷町は清水湧き出る自然豊かなところです。そんな美郷町は奥羽山脈の裾野、旧千畑町に『美郷町ラベンダー園』があります。美郷町の初夏の風物詩として、観光の目玉でとなっています。約2ヘクタールの広大なラベンダー畑には、2万株ものラベンダー。6月初旬ころから徐々に開花が進み、白と紫のコントラストで美しく咲き誇ります。ラベンダーと一緒に、背景の奥羽山脈にも注目してみてください。山並みがきれいです。

私が行ったときは雨が時折ポツポツ降るくらいの曇り空で、少し開花が遅い年だったために掲載している写真がちょっと暗めです。曇り空だからこそ、山にもやがかかってジブリ映画の「もののけ姫」の世界のようで神秘的でした。ラベンダーの開花進み、晴れている時はもっと色が鮮やかになると思います。

スポンサーリンク

ラベンダー園の様子

公園に入るとまずは出店が並び、奥の方にラベンダー畑が広がっています。ラベンダー園の奥の方にある三角屋根の建物付近は摘み取りコーナーがあり、反対側の奥の建物ではラベンダーグッズなどを販売しているお店があります。その近くには写真撮影スポットとして看板とベンチがおいてありました。
ラベンダー畑から少し離れたところ、遊具がある冒険広場の近くに展望台があります。そこからラベンダー畑のグラデーションを見渡すことができるのえ、ぜひ上って展望台からの見える景色も楽しんでみてください。

  • ラベンダー畑までの間にご当地グルメなどの屋台が並んでいる様子ラベンダー畑までの間にご当地グルメなどの屋台が並んでいる。
  • 大きな屋根のついた休憩スペース大きな屋根のついた休憩スペースもある。
  • ラベンダー畑の背景に奥羽山脈が見えるラベンダーはもちろん、奥羽山脈も神秘的。
  • ラベンダー畑の奥の方にある三角屋根の建物がある摘み取り体験コーナーの様子ラベンダー畑の奥の方にある摘み取り体験コーナー。三角屋根の建物が目印。
  • ラベンダーグッズをうているお店近くの撮影スポット、ラベンダー畑をバックにベンチと看板があるラベンダーグッズをうているお店近くの撮影スポット。ぜひベンチに座って写真を。
  • ]
  • 展望台から見えるラベンダー園の景色。左に出店群、右に冒険広場展望台から見えるラベンダー園の景色。写真左に出店群、右に冒険広場がある。

『美郷雪華』

『美郷雪華』は、美郷町オリジナル品種の白いラベンダーです。2005年に『美郷町ラベンダー園』で偶然発見され、品種改良を重ねて最終的には2013年2月12日に新種登録が完了しました。「美郷の初夏に美しい雪の結晶(雪華)が見られるように」という思いからつけられた名前で、とてもきれいな色をしています。
美郷町ではの『美郷雪華』を使ったいろいろな商品が創り出されています。ルームフレグランスや酵母を使ったパン、酒、酒粕から作った焼き菓子やラーメンのスープ、いぶりがっこなどたくさんあります。地元のお店や秋田市アトリオン地下の県産品プラザなどの秋田のお土産屋で販売しています。

  • 美郷町で生まれた白いラベンダー『美郷雪華』美郷町で生まれた白いラベンダー『美郷雪華』。奥の方にたくさん植えられている。
  • まだほとんど咲いていないつぼみのじょうたいだが、白くてきれいな色をしている。まだほとんど咲いていないつぼみのじょうたいだが、白くてきれいな色をしている。

スポンサーリンク

『美郷町ラベンダーまつり』の開催日程

『美郷町ラベンダーまつり』はだいたい毎年6月~7月中旬頃の1か月間です。開花状況によって変わるようです。できればラベンダーの花がたくさん咲いているときに見に行きたいですね。その年によって気候がわりと違うので、開花状況やイベントについては公式Facebookで要チェック!
ただ、ラベンダーまつり期間中に一気に咲いて同時に終わってしまうわけではないようです。時期をずらして開花するよう、いろいろな品種がバランスよく植えられています。

『美郷町ラベンダーまつり』の内容

祭と言えば、出店!ラベンダーまつり期間中は屋台が並びます。ラベンダーアイスやご当地グルメを味わうことができます。ラベンダーグッズやニテコサイダーなどのお土産も売っています。平日は営業している屋台は少ないようなので、花より団子な人は土日に行くのがおすすめ!
また、300円でラベンダーの摘み取り体験も行われています。自分で摘み取ったラベンダーを持ち帰ってリースにしたり、ブーケにしたりして部屋のフレグランスに。開花状況によってはできない場合もあるので公式Facebookを確認していくと良いでしょう。

『美郷町ラベンダーまつり』で見つけた屋台

  • 淡いラベンダー色をしたラベンダーアイスと美郷町のイメージキャラクター『ミズモ』淡いラベンダー色をしたラベンダーアイスと美郷町のイメージキャラクター『ミズモ』。
  • ラベンダーアイスと並んでいる美郷町ストロベリーのスムージーの出店ラベンダーアイスと並んでいる美郷町ストロベリーのスムージーの出店。
ラベンダーアイス
美郷町特産のラベンダーを使ったアイス。
紫色でふんわりとラベンダーが香る。
普段はサン・アールのお食事処紫織里で販売している。
コーン210円、サン・アールの売店ではカップ270円で販売。
こまちアイス、胡麻アイス、リンゴシャーベットもあり、地方発送もOK!
美郷ストロベリーのスムージー
美郷町で完熟いちごを作っている美郷ストロベリーという農家さんの出店。
フローズンいちごで作られた大粒な完熟いちごの章姫を使用。凍らせても甘い!
秋田県内でも流通が少ない貴重な高級いちごで、スムージーは竿燈や大曲の花火などの出店でしか味わえないかも!?

『美郷町ラベンダーまつり』期間中にあるイベントなど

6月中旬辺り、ラベンダーがきれいに咲くころあたりを見計らい、土日はにぎやかなイベントが行われます。ライトアップ土曜の19:00~21:00で実施されているようです。
美郷町のイメージキャラクター『美郷のミズモ』もかけつけます!初めて見る人にはちょっと怖い顔と思われるかもしれませんが、なかなkかわいいですよ。一緒に写真を撮ってくれるので、ぜひ記念撮影をどうぞ。
開催されるイベントなどの日程について、詳しくは公式Facebookをチェックして出かけてみてください。土日は人がたくさん来ますが、駐車場が広いので車でも安心です。

こぐまちゃん号の運行

ラベンダー園を走るこぐまちゃん号の様子ラベンダーまつり期間中の土日には、ラベンダー園を一周するこぐまちゃん号というバスが運行されます。こぐまちゃんのマスコットが前方にくっついているトラクターが、ゲームセンターにあるようなかわいい車などを引っ張って走ります。一人200円で乗ることができます。子どもたちに大人気!大自然に囲まれたラベンダー園を走る姿はのどかなものです。

ご当地キャラクター大集合

ラベンダー園の案内板のミズモ『美郷のミズモ』をはじめ、秋田のご当地キャラクターもたくさんやってきます。過去には、秋田のにゃまはげ仮面ニャッパゲのニャジロウ、秋田わかすぎ国体のスギッチ、秋田市なかいちの与次郎、仙北市おもてなしさん兄弟のフカインダー、北秋田市の森吉のじゅうべぇやないりっくん、大仙市のまるびちゃん、横手市のノブくん、鹿角のいのっぴ、秋田市牛島のべこじまくんなどが来ていたようです。

べごっこまつり

美郷町産の黒毛和牛を食べることができます。焼いた肉はもちろん、焼く前の肉も販売しているので、自分たちでバーベキューを楽しむことも!
動物とのふれあいコーナーでは、子牛やうさぎなどを触ることができます。

『美郷町ラベンダー園』に隣接した大台野広場

遊具のある冒険広場ラベンダー園があるところ一帯が大きな公園となっています。ラベンダー園のすぐ近くには、子どもたちが遊べる遊具のある冒険広場、芝生広場が広がっています。炊事棟、野外卓もあり、ピクニックやバーベキューにぴったり!
また、日本グラウンド・ゴルフ協会公認の7コース56ホールのグラウンドゴルフ場や3コース27ホールのパーク・マレットゴルフ場もあります。グラウンドゴルフの利用料は、大人200円、子ども100円、スティック貸出1本100円、ボール貸出1個50円。
多目的運動広場もあり、部活動や地域の人々に利用されています。ラベンダーまつりでなくとも楽しいレジャースポットです。

『美郷町ラベンダー園』へのアクセスで気を付けること

カーナビやGoogleマップなどで『美郷町ラベンダー園』と調べれば出てくると思います。私が行ったときは曲がるところを間違えてしまい、『せせらぎ公園』という河川公園に行きついてしまいました。道の途中には『美郷町ラベンダー園』ののぼり旗が出ていたのですが、のぼり端だけではたどり着くことができないかもしれません。ちうをよく見えれば間違えるような道かなとも思うのですが、念のため気を付けてください。笑
『せせらぎ』は知らない場所でしたが、とてもきれいなところで、迷ったおかげで存在を知りました。

『せせらぎ公園』

浅い川が流れ、道路沿いにある『せせらぎ公園』山間の道路沿いにあり、子どもが安全に遊べそうな水深5cm程度の浅い川が流れていて、東屋があるので休憩もできます。すごくきれいなところで、また来たいなと思いました。
美郷町役場から車で約10分程度にあります。『美郷町ラベンダー園』からは車で15分程度です。

スポンサーリンク

美郷町の初夏は『美郷町ラベンダーまつり』へ!

『美郷町ラベンダーまつり』は美郷町を代表する観光地のひとつです。ラベンダーが咲いている時期はその年によって異なり、祭期間は1か月程度と短いですが、その間はだいたい何かしらの品種が咲いていると思います。つぼみでも淡い紫色のラベンダー畑を楽しめますよ。
土日のイベントと一緒ににぎやかさを楽しむもよし、平日の人の少ないのんびりさを楽しむもよし。『美郷町ラベンダーまつり』は公式Facebookで日程や開花状況をチェックし、タイミングを見計らってぜひ訪れてみましょう!

関連ブログ記事

Instagram@akitayori